2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.11.25 (Fri)

本当の強さとは、自分の弱さを認める(受け入れる)こと

 今朝は初霜を観測。凍てつくような寒い朝でしたが、午後は日差しが届いて、穏やかな陽気。こういう日は気持ちの良い散歩で見頃の紅葉を探して、郊外に足をのばしたいのだが、夜勤明け→明日も夜勤という勤務のため家で疲れを癒やしながら色々考えてみた。


 私の従事している医療福祉関係職はストレスの強い職業の一つに上げられている。業務のストレスや対人関係のストレス、医療福祉職としては、必ず直面する利用者本位と組織の論理に挟まれるストレスなど、様々なストレスが存在する。
私自身は休日や退勤後は、鍛錬や散歩、ウインドショッピングや暴飲暴食で気分をリフレッシュしながらストレスを発散するように心掛けているし、気の合う同業者仲間とピアカウンセリングも定期的に行っている。皆さんはどのようなストレス解消法をおもちだろうか?


 ストレスは日々の生活と切っても切り離せない。小さな悩みや悲しみも積もり積もると心を傷つけてしまう。そうなる前にストレスをこまめに晴らし、心を身軽にしたい。ストレスマネジメントの研修で講師が言っていたが手軽に即効性のあるのは「運動」と「吐き出し」らしい。。慢性的なストレス解消法の一番はやはり運動! 運動は悩みを晴らす最高の心のサプリメントである!


 研修講師曰く「ウォーキング」等の有酸素運動はマイナス感情を解消させる効果があるそうだ。ストレスを感じるとき、体内ではカテコールアミンが分泌されるそうで、このカテコールアミンは有酸素運動によって代謝され解消するから、運動の効果は生理的にも明らかであることがいえるとのこと。

悩みがあるときは理屈を考えたりせず、散歩に出掛けてみよう!+αでパワー三種目をヤルのなら更に良い(笑)


 弱音や愚痴もイイらしい。


 弱音と愚痴はネガティブ感情として敬遠される人もいるかもしれないが、親しいものとの会話で愚痴を言い合うのは、軽い運動と似た効果があるという。私も定期的に同業者とピアカウンセリンググループ「雑草の会」と表してお菓子を食べながら愚痴の言い合いをする会を定期的に開いている。仲間達との会話の中で、つらいのは自分だけではないという共感の気持ちが心を軽くしてくれ、同じ境遇の仲間の存在が心のリハビリにつながっている。


 食事やおしゃべりを重視する文化圏では自殺率が低いという。日本では自殺を図った人の8割が誰にも悩みを相談しないとのデータがある。以前、旅行で東尋坊に行ったときバスガイドさんが話されたことをおもいだした。東尋坊といえば自殺の名所。今も自殺者者が絶えないが「命の電話」といわれている公衆電話BOXが置かれてから、数多くの命が救われているそうである。自殺志願者が、この公衆電話から、この世の残りにでもと、親しい人に電話をして、自殺を思いとどまったという事も多いそうだ。特に男性は悩みを打ち明けることをためらうことが多いが、弱音を吐くのは恥ずかしいことではないとおもう。弱音を吐き、愚痴を言うのは、悩みを溜め込むことより、はるかによいことではないかな。

 

 今日の鍛錬はOFF。夜勤明け直行でヒマラヤに行き、アンダーアーマーコールドギアをGETした。アンダーアーマーのマークが首にあるタイプはイカニモなのでステルスモデルにした。1500円割引券・・・・ありがたや~。


★週末の予定★

土曜日:夜勤前に鍛錬。ピーキングベンチを3セット+α→整骨院→夜勤

日曜日:明けのため鍛錬OFF。防府天満宮の祭に行くかも。イカ焼き喰いたい!!


以上





スポンサーサイト
14:37  |  仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

4. 筋肉と精神に共通する普遍の成長原理

>TJLさん
>TJLさん
コメントありがとうございます!
≪我々はトレーニングや鍛錬によって心身を改築する術を知っているから幸せ者。

確かにそうですよね!鍛錬ではわざと痛く、苦しく、辛いことをする。筋肉はいったん傷つかないと再生しませんから・・。その再生課程で傷つく前よりも強い筋肉が育っていく。精神も筋肉も、辛く苦しい様々な刺激を受けて、それに適応すべく超回復し、強化されていくんでしょうね。精神力、人間性を高めることと、鍛錬することは同列のような気がします。

≪まずは一歩を踏み出す
千里の行も足下に始まるですね!
izanagi |  2011.11.26(土) 13:00 | URL |  【編集】

3. ストレス社会

生活環境が便利に成りすぎた故に、短時間に求められる要求も多く、心が亡び(忙しい)ストレスに成るのでしょう。

ディスプレイと向き合うことが多く、人との向き合い方が苦手になり、中途半端な対人関係が、大きなストレスに成るのでしょう。

世の中は満たされ、今更必死になって、改築する物もなく、心が空虚になり、その隙間にストレスが宿るのでしょう。


我々はトレーニングや鍛錬によって心身を改築する術を知っているから幸せ者。

立ち止まって不平不満ばかりでは先に進まない。 先ず一歩踏み出そうぜ
TJL |  2011.11.25(金) 18:53 | URL |  【編集】

2. Re:ストレス

>Tossyさん
コメントありがとうございます。私の前職はコンビナート製造オペレーターだったのでノルマ等はありませんでした。一歩間違えば大爆発を起こしかねない高圧ガスととなりあわせの仕事でしたが人間関係は良好でした。基本的に現場は学卒はいないのでまず出世はありません。出世してストレスを溜めるより現場で一生平社員の方が良いという人たちがプラントを動かしていました。だから弱肉強食の世界ではなかったです。私は家庭の事情で転勤ができず、やむを得ず縁あってこの世界に入りましたが企業と比べ福祉施設の処遇(給与・福利厚生)」、「労働環境」 のギャップに驚きました。。

就職氷河期と言われている今でも人材が集まりません。福祉職就職相談会にも学生が殆ど集まりません。施設は給料が安い、きついと言われ、若い人がやりたくても、周囲から反対される、人が集まらない上に続かない、こういった人材確保の問題が極めて深刻になっていると言えます。人材不足で一番影響を受けているのは利用者さん達です。人手不足が続く福祉現場の魅力を高める為、対策を講じる必要性が急務であることは否めません。今その手だてを生き残った現場職員で考えているのですが、良いアイデアを出しても何故が足を引っ張るのは現場を知らない天下りのお偉いさん達というところが悲しいです。出る杭を打たないでほしいですよ。
Tossyさんの職場改革が上手くいくことを祈っています。
izanagi |  2011.11.25(金) 18:17 | URL |  【編集】

1. ストレス

医療福祉の仕事は大変と言われますが、個人的には、サラリーマンの方がきつかったです。
身も心もストレスばかり。
いつも数字で評価。
ようするに稼げなければ、用無し。

同僚はライバルで、上司は引き摺り下ろす対象でした。
後輩には「しごき」。
まさに競争であり、戦い。体育会系。
でも、おかげで人間的には成長した人材が多かった。

今の仕事は、?な同僚や上司が多すぎます。
もう我慢できません。
本気を出して、引きずり降ろします(宣戦布告)。
自分が上に立って、変えたいです。


Tossy |  2011.11.25(金) 16:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tsukuyomi007.blog.fc2.com/tb.php/5-459b7aae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。